ひょっとしたら、私たちが存在するこの世界(宇宙)は架空現実(バーチャル・リアリティ)かも知れない。

異次元世界からのメッセージ「バシャール:二つの視点から」1/23

ノンカテゴリ

異次元世界からのメッセージ「バシャール:二つの視点から」1/23

【今日のバシャールの言葉】

時間というものは幻影です。
過去・現在・未来、そして全ての次元、
全ての場所における現実は
「今、この瞬間」に同時に存在しています。
過去も未来も向こうにあるのではありません。
全て、今、ここに、この瞬間にあります。

【今日のバシャール関連動画】

二つの視点から

【転載元】 the PLANET from NEBULA

波動が高い人はクヨクヨする事はありません。
波動が高い人は自分をジャッジしたり他人をジャッジする事もありません。

また、波動が高い人は視点が高い位置にあるので、
物事を”大きく”捉える事ができます。

よって、波動の高い人は物事えを断片的な狭い視点で捉えるよりも、
大きな流れで物事を捉える事ができます。

私達は確実に数十年前よりも
物事を大まかに捉える事ができるようになっています。

つまり、偏った偏見的な捉え方をするよりも、
統合した視点で物事を捉えるようになっています。

例えば、男性の性、女性の性、
そのどちらでもない性を統合した”性”で捉えるようになっていますし、
人種に関しても”人間”という一括りで捉えるようになってきています。

2020年の分岐の年は、統合して捉える視点と断片的な狭い視点で捉える
二つの視点に分かれてゆく事になります。

ですから、男だからこうあるべき、女だからこうあるべき、
年上だから、年だからといった断片的で偏った捉え方の接点が
薄くなってゆく世界を体験する人もあれば、
その逆をもっと強烈に体験する事になる人も出てくる事を意味しています。


1

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ