ひょっとしたら、私たちが存在するこの世界(宇宙)は架空現実(バーチャル・リアリティ)かも知れない。

異次元世界からのメッセージ「バシャール:バシャールとの面会の日」10/23

ノンカテゴリ

異次元世界からのメッセージ「バシャール:バシャールとの面会の日」10/23

【今日のバシャールの言葉】

時間というものは幻影です。
過去・現在・未来、そして全ての次元、
全ての場所における現実は
「今、この瞬間」に同時に存在しています。
過去も未来も向こうにあるのではありません。
全て、今、ここに、この瞬間にあります。

【今日のバシャール関連動画】

バシャールとの面会の日

【転載元】 the PLANET from NEBULA様

バシャール達の船は私達の総合意識が生み出す波動の高さによって高度を上げたり下げたりしています。例えば、核爆発やテロが起きたりすると彼等の船は著しく上昇し地球の表面から離れてゆきます。それは放射線から免れる為ではなくむしろ、私達の意識がバシャール達から遠のいているから、という方が近いかもしれません。

私達の現在のエネルギーから言うとここ1~3年中にプレアデス文明からの最初のコンタクトが始まると話しています。そして彼等から私達人類の歴史と宇宙に広がる多くの高次元文明体との関わりを明らかにするだろうとバシャールは話しています。

ダリルがチャネラーを引退する時、それはバシャールがチャネラーを通して地球文明と交流する事を終了する時であると、説明しています。詰まり、間接的な交流が終了して直接的な面会へと踏み込むという事なのです。

バシャールが自ら地球へ降り立ち私達と出会う時、彼は”私の名前はバシャール”と言って自己紹介する積もりであると話しています。


願いは布団の中で叶うんだ!



ダリル・アンカがバシャールの他にチャネルするもう一人の存在は
未来の地球に存在する少女ウィラ
その情報にインスパイアされ創りだされた本格的なSF作品
ダリルが描く700年後の地球の姿とは

あなたは、700年後の地球をどのように想像しますか?
 未来の地球を描いた作品は、映画やドラマ、小説に漫画などあらゆるメディアにおいて、
ひとつのカテゴリーになっているほど花盛りです。
そしてそのどれもが、地球温暖化や寒冷変動、人口増加、自然災害、
環境汚染、放射能や核の脅威など、壊滅的な地球の姿が定番だったりします。

それらはまるで、私たちに「地球には、もう明るい未来はないんだよ」と
サブリミナルに訴えかけているかのようです。
けれどもダリル・アンカの描く未来は違っていました。
未来に展開されているのは宇宙的なサイエンス色の濃いSFの世界だけではなく、
古典的な伝統、童話を織り交ぜたファンタジーの世界との融合による、
新しく生まれ変わった地球の姿です。


★あのバシャールのチャネラー、ダリル・アンカの初めての小説★

「粉々になった鏡のカケラ 第1篇クリプティック-謎-」 

書籍案内⇒ http://tiny.cc/g0mmez

地球外生命体が地球に正式に上陸したイベント“ランディング"の後に存在する
人間とのハイブリッド、エイリアンたちが
暮らすのは豊かな自然を取り戻した地球です。
それは、バシャールがよく語る
「パラレル・リアリティにおけるひとつのバージョンの地球」なのかもしれません。

700年後の地球は、他の惑星の存在たちが憧れるような惑星になっていました。
物語は数世紀にわたって1件の殺人さえもなかった地球で、
久しぶりに起きてしまった殺人に大わらわになります。
極端なほどにダークサイド化したオリオンの存在たちとの対比が顕著にあらわれます。
多様化した地球人たちが最新テクノロジーを享受しながらも、
今の時代よりはるかに自然と共存して生きている
理想郷のような世界は必見です。



1

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ